2008年2月 2日 (土)

ダビデの帰還

ダビデが今日、我が家に帰ってきました。小さな骨壺にいれられて。
あんなに大きな体だったのに、こんなに小さな箱に入ってしまうのですね。
やっぱりね、話しかけてしまいます(笑)

私たちは、ダビデの写真を選んだり、病気録を書いたり、
ひたすらダビデに関することばかりPCに向かってやっています。
ひとときも離れずダビデに関わっていたい。
どんなに悲しくてもダビデの写真を見ていたい。思い出していたい。
そんな思いが私たちをPCに向かわせています。

蔵ダビの病気録、ついに書き終えてしまいました。
アホですよね、何度も何度も泣きながら書いていました。
ダビデのこと全部を覚えていたくて一心不乱に書いていました。
興味のある方はのぞいてやってください。
書き終えてしまった今、することがなくなって途方にくれています。
ダビデのいない生活にまだ慣れず、何をしていても落ち着かず
時々立ち止まってはボーッとしています。

グチってしまって、とりとめのないブログになってしまいました。
また皆さんの猫ちゃんに癒されにまいりますね!
これからもよろしくお願いします。

_mg_5727_2

| | コメント (126)

2008年1月31日 (木)

ありがとうございました

たくさんのコメント、メール、mixiでのメッセージをいただきました。
心より嬉しく思い、言葉もありません。
ほんとにたくさんたくさん、こんなにダビデはみなさんに愛されていたんだなぁと
とても嬉しくなり、それがまた悲しくもなり、
みなさんの温かいお言葉を読みながら涙が止まらなくなりました。
本来ならばお一人ずつお返事しなくてはならないのですが
何せ書きながら泣いて泣いて苦しくなるに違いありません。
今はお返事を書く勇気がありません。
どうか、この場を借りて感謝の気持ちに替えさせていただければと思います。
本当にありがとうございました。
たくさんの声援、励まし、アドバイス、どんなに心強く思ったことでしょう。
みなさんの真剣な言葉、温かいコメントに支えられて、
辛い時期も乗り越えることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

死への覚悟はとっくにしていたはずですが
ダビデがあまりにあっけなく最期を迎えてしまったので
さっきまで胸が張り裂けんばかりに苦しく寂しく悲しくて
どうすればいいんだろう…などと涙が止まりませんでした。
でも今は、気持ちも少し落ち着いて
元気だった頃のダビデと向き合うことができるようになりました。
今後は時間が少しずつ悲しみを癒してくれることと思います。

ダビデの最期の数時間は、残念なことにかなり苦しんで逝く結果となりました。
ただこの苦しみが何日も続かなかったことは
ダビデにとってはよかったのかもしれないと思っています。
詳細は後日、病気録にアップするつもりですので
興味のある方は読んでくださると幸いです。

この4ヶ月、毎日ダビデのことばかりを考え、いつもいつも一緒にいました。
とても濃密な時間を過ごすことができ、
たった4ヶ月の出来事ですが何年にも匹敵する時間となりました。
あんなに苦しかった毎日ですが、不思議ですね、
今は自分たちの苦しんだ日々のことは忘れかけています。
そして、まだまだダビデと向き合っていきたい思いでいっぱいです。
気持ちの整理がついたら、またここでダビデの写真や動画を載せていこうと思います。
どうかダビゴザへ、また足を運んでくださいね。
ゴホカツもしばらくは続けていきたいと思っています。

ダビデは今頃きっと天国でお腹いっぱいオサカナを食べてるんでしょうね。
また、ぷんぷくりんのお腹に戻って、
満足そうにグルーミングをしていることでしょう。
いつかまたダビデと会えること、信じています。

みなさん、本当にありがとうございました。


_mg_5565

|

2008年1月30日 (水)

永眠いたしました

午前11時半頃、ダビデは逝去いたしました。
享年9歳8ヶ月でした。
落ち着いたら詳細をご報告させていただきます。
最後まで見守っていただき
本当にありがとうございました。





|

2008年1月28日 (月)

近況報告2

この前更新してから2週間。今月ももうすぐ終わりなんですね。
まだ何とかダビデは頑張っております。
今月いっぱい生きていてくれるかなぁと案じていたのですが
その目標もどうやらクリアしそうです。
タフなダビデには驚かされるばかり…。
食べられないので痩せていく一方なんですが
脂肪の蓄えによって今は生かされているのかなぁと思っています。
体重は今日量ったら4.5kg。
まだまだ普通のニャンコちゃんより重い?もう少し大丈夫かなぁ。

最近の私たちは、寝たきりのダビデが少しでも楽しくなったり
気持ちよくなってくれたらと、 いろいろ試行錯誤しています。
いつも寝室に寝ているダビデをリビングのソファに寝かせてあげたり、
アロマランプでラベンダーの香りを漂わせてみたり、
(猫にアロマテラピーは危険な場合もあるのでご注意くださいね)
新しい毛布を掛けてみたり…空回りも多いんですけどね〜(笑)
そんなダビデ氏に星★★★を付けていただきました〜!

001 002 003

 
いつもありがとうございます。

| | コメント (106)

2008年1月14日 (月)

近況報告

ダビデに励ましのコメントやメッセージ、
病気録を読んでいただいた方からは
その後の病状はどうなっているかというメールをたくさんいただきました。
心よりありがたく思っております。ほんとに嬉しいし、感謝の気持ちでいっぱいです。
ダビデの近況報告をここで時々していこうと思っています。
コメントスルーでもOKですので!

ダビデの病状は決していいとは言えないのですが
少しずつ悪化はしているものの、穏やかな日々が続いております。
ご飯はあまり食べられなくなっているので
流動食を哺乳瓶であげたり、四苦八苦しながらも何とか無事に過ごしております。
あとどれくらいの命かわかりませんが、
最後まで私たちのやれることを一生懸命やって
ダビデと静かながらも濃密な時間を過ごしていきたいと思っています。
見守っていてくださいね〜

余談ですが、「猫の手帖」来月号の『萌える電脳猫日記』というコーナーに
ダビゴザが紹介していただける予定ですので、よかったら見てくださいね!
1ヶ月先の話なのですが…

001 002 003 004

 
いつもありがとうございます。

| | コメント (78)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年!

あけましておめでとうございます。
昨年はありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご心配いただいているダビデですが
今は抗ガン剤治療を止めたため、
嫌いな病院にも行かなくなり静かに自宅で療養しています。
歩けない状態ではありますが、ご飯だけはしっかり食べています。
どんな状態でも、こうしてまた
新しい年を迎えることができてよかったと思っています。
昨年は温かいコメントやメッセージをたくさんいただき
とても励まされました。本当にありがとうございました。
もう少し温かく見守っていてくださると幸いです。

どうか、2008年が皆様にとっていい年でありますように。

Newyear

 
いつもありがとうございます。

| | コメント (72)

2007年11月 6日 (火)

お休みいたします

見に来てくださってありがとうございます。
ダビデはそこそこ元気に、食いしん坊な日々を送っていますよ。
“頑張れ!パワー”を引き続き送っていてくださいね♪

「ご褒美はかつお節で」は過去から現在までの写真を更新しています。

Photo

|

2007年10月10日 (水)

結果報告です

検査の結果、ダビデは悪性と診断されました。
覚悟していたこととはいえ、やっぱりショックではあります。
でもたくさん泣いたので、今はスッキリ前向きです。
どうぞご心配なく。

ダビデは明るい雰囲気が好きな子でした。
私たちが話したり笑ったりワイワイしていると
必ずやってきては「ボクも混ぜろ」と言わんばかりに存在をアピールします。
混ぜてやると満足げな顔になります。
そんな子だったから、いつも明るい我が家でありたいと思います。

前回の記事で、みなさんに励ましのお言葉、
心あたたまるコメントをたくさんいただきました。
ダビデにも私たちにもしっかり届いています。
本当にありがとうございました。心より感謝いたします 。

今回、コメント欄は閉じさせていただきますね。
次に楽しいブログをアップするので、笑ってやってください。
ワガママですが、ご心配や励ましのお言葉は不要です。
よけい悲しくなってしまいますので!!

仕事も溜まってきちゃったよ〜やらなくちゃ!!

ダビデは病気がウソのように食いしん坊です♪

|

2007年10月 8日 (月)

ダビデ、突然の手術

お腹に大きな腫瘍ができたため、ダビデは10月5日に手術を受けました。
そして今日8日、無事に退院しました。
手術は成功しましたが、病理組織検査の結果がまだのため
良性か悪性かはまだわかりません。きちんとした病名も検査の結果わかります。
あさってぐらいになると思います。
恐らく悪性の腫瘍である可能性が大きいと私たちは思っています。

太っているからそんなに長生きはしないのかなぁと、今まで漠然と思っていましたが、
まさかこんなに早くダビデの死を考える時が来るとは・・・。
私たちは、落ち込み、泣き、悩み、考え、後悔し、自分たちを責めました。
そしてとことん悲しんだ末に、
ダビデと一緒に残りの人生を闘っていこうと決断し、開き直りました。
もうどんな結果になろうとも覚悟はできています。
もちろん、良性でこのまま完治ということもあると思います。
今はそう祈るばかりです。

今日、6日ぶりに我が家に帰ったダビデはとても元気で、
さっそく家の中をパトロールし、ご飯も食べました。
その姿を見て、とりあえずは私たちも安心しています。
生きて帰ってきてくれただけで幸せだと思っています。
今後どのような結果が出ようとも、ダビデと一緒に明るく乗り越えたいと思います。

ご報告が遅れたのは、ここに公表することで
自分たちが辛い現実を受け入れなくてはいけない。
その心の準備が出来ていなかったためです。
コメントにお返事する余裕もありませんでした。
でも今は、私たち夫婦も元気を取り戻し、前向きに頑張っています。
病名がわかってからの公表とも思いましたが、
また気持ちがどん底に落ちてしまうかもしれないので、
今のうちにアップしておきます(笑)
もちろん、良性だったら笑い話になるでしょう。
その時は「な〜んだ!オバカ!!」と思ってくださいね。

このブログは、クスッと笑えるブログを目指して作ってきました。
だからこの場は闘病記ではなく、
今までどおり愉快なブログでありたいと思っています。
笑える状況じゃないかもしれないけど、楽しんでいただけたら本望です。
今日の写真は実録「ダビデ、初の病気ドキュメント」(笑)

詳しい病状や経緯などはHP「Davide Museum」に掲載しています。
書きなぐりの日記なので、かなり長くて読みにくいですけど興味のある方はぜひ。

コメントスルーでもOKですので。


001_2 002_2 003_2 004_2 005_2 006_2 007_2


 頑張るダビデを応援してにゃ〜

| | コメント (46)