« ダビゴザ→ゴホカツへ | トップページ | ありがとーと言わせてね。 »

2008年10月 3日 (金)

ダビデの本について

こちらではご無沙汰しております。
宣伝で恐縮ですが、ダビデのことなので やっぱりこちらで
お知らせする方がダビデも喜ぶかなぁと。

ダビデの書籍『余命4ヶ月のダビデ』が11月初旬に刊行予定となりました。
病気録がメインなので、もう読まれた方は またあんな暗いの読みたくないわ!と
思うかもしれませんね。 どうか、そう言わずに(*^.^*)

日記は読みやすく編集し、写真と散文とともに綴る構成となっています。
流行の癒し系猫ブログ本ではないので受け入れられるかわかりませんが
タイトル以外はすべて二人で細部までこだわって丁寧に作りました。
よかったら手にとって見ていただけると嬉しいです。

ダビデが亡くなってから、どうしてもダビデが病気だった時の気持ちをしりたいと思い
2〜3ヶ月後かな、アニマルコミュニケーションというのに行ってみたんです。
テレビでたまにやっている動物の気持ちがわかっちゃう、アレです。

病気の時にダビデはどんな風に思っていたの?と聞いてみたら
ダビデは「みっともないボクになっちゃってごめんね」って。
うぉぉん、泣きました。みっともなくなんてない!かっこよかったのに!!
そしてなんと、病気にかかったお金のことまで心配してくれてるではないですか。
よく私たちは「こんなに高い薬なのに、全然効かないじゃん!」と言ってたからかも。
反省です・・・猫って、ものすごく賢いんですね。

そして、アニマルコミュニケーターの方から
「ダビちゃんから1つメッセージがあります」と言われました。
ダビデが伝えたいこと。

それは 「ボクのことをみんなに広めて欲しい。カッコいいボクじゃなく、
みっともないボクのことを広めて欲しいんだ」って。 ビックリしました。
実は、その時すでに本のお話をある出版社からいただいていたからです。
だから、この本はダビデが出版へと導いてくれた本なんだと思います。
ダビデの使命なのかもしれません。

いま病気と闘っている猫ちゃんとその飼い主さん、
これから経験するであろう方のほんのちょっぴりでも
チカラになれたらいいなぁと思っています。

本についての詳細は以下をクリック!

Img_4702

|

« ダビゴザ→ゴホカツへ | トップページ | ありがとーと言わせてね。 »

コメント

会社で読んで泣きそうになっちゃったよ。
ダビダビさんにまた"さぼっちゃ駄目よ"って
言われそう(笑)

ダビちゃん、君はかっこよかったよ。
すごくすごくかっこよかったよ!

やっぱりこの言葉を


待ってるよ。

投稿: 美ぅ | 2008年10月 3日 (金) 08時39分

ダビダビさん、お久しぶりです!ご無沙汰しています。
会社なのに泣きました・・・。
ダビちゃま、かっこよすぎっす!!!
男の中の男です・・・(オカマだけど)
ダビちゃま、どんな時もかっこよかったよ。
闘病記とのことで、改めて読むのが怖いけど、出版されたら手にとってみようと思います。
ダビちゃま、天使になっても大活躍ですね♡

投稿: マカロン(りんりん) | 2008年10月 3日 (金) 09時21分

ダビダビさん こんにちは。
本の特設HP 拝見しました。
お知らせでもう涙ぼろぼろでした。
お二人とダビちゃんは大きな大きなお仕事を
成し遂げましたね!!
感激しました。
本を手にしたときは 感動で心が振るえ
そして感謝の気持ちでいっぱいになることでしょう。
発売日が待ち遠しい~!!

声を大きくして叫びたい
『ダビちゃん 君はカッコイイ!!』

投稿: to moko | 2008年10月 3日 (金) 11時18分

ダビダビさん、こんにちは。「お知らせ」有り難う御座います。表紙のダビデ君は病気になってからの姿ですか?りりしくて、何か強い決意を感じます。この本が出る事でダビダビさんの気持ちにも随分変化があるのでは?開いたページにダビダビさんとパパさんの涙の染みがあったらどうしましょう~(o^-^o)

投稿: レシピ | 2008年10月 3日 (金) 12時07分

うーーー。泣。
泣いちゃうよ。。。。。
アレ、気になってた。動物の気持ちがわかっちゃうアレ。

「みっともないボクになっちゃってごめんね」
だなんて、ダビデ〜。
ずっとずっと可愛くて、かっこ良かったよ。ダビデ。
いまでも大好きだよ。ダビデ。

私も、わからないながら、チャイとの生活で
試行錯誤。
言葉通じないから、感じ取るしかないんだけど
こちらが気持ちをわかろうと思う以上に
きっと、いろんな事をわかって、理解してくれてるんだな。

ダビデの本、ブログに紹介のせてもいいかなぁ。

投稿: みさ | 2008年10月 3日 (金) 14時56分

あ、URLわすれちゃった。
いつもの、みさです。
本、絶対買うからね、ダビデ。
いろんな人に広めるからね。

投稿: みさ | 2008年10月 3日 (金) 14時58分

●美ぅさん
うは、またサボってますね?!(笑)
うそうそ、朝早くからお仕事してるんだね〜。
朝から泣くとヤバイですよん(笑)

ダビデはカッコイイと言われるの、
すごい好きな子だと思う。
カッコつけてたし(笑)クールな男のつもりだったのよ。
だから、喜ぶだろうなぁ。カッコいいって言ってもらえて。
ありがとう。待っててくれるなんて♪

投稿: ダビダビ | 2008年10月 3日 (金) 15時10分

●マカロンさん
ご無沙汰です〜。ありがとう。
ダビデのことでこうしてまたコメントいただけて
とっても嬉しいです。
暗い内容だからなんともお勧めしがたいのですが
メモリアルと思って読んでいただけたら嬉しいです。
男の中の男(オカマ)だなんて。
ダビデ、天国でエッヘンと威張ってるだろうな(笑)

投稿: ダビダビ | 2008年10月 3日 (金) 15時12分

●to mokoさん
またまたコメントいただいて、ありがとう!!
泣くの早すぎです〜(笑)
ずっとダビデのこと応援してくださったto mokoさんのことだから
本を手にしたら、またまた暗くなってしまわないか心配(笑)
ダビデの残したメッセージ、手にしてもらえると
ダビデも喜ぶと思います。
そしてカッコイイだろ、って言ってると思います(笑)
また発売日の詳細が決まったらお知らせしますね!
いつもほんとにありがとう。

投稿: ダビダビ | 2008年10月 3日 (金) 15時16分

●レシピさん
こんにちは。さっそく見てくださったのですね〜。ありがとうございます。
あの写真は、元気な時の写真なんですよ。
なんであんなにキリッとしてるんだろ(笑)

ダビデが亡くなって、ずっとこの本に関わっていたので
やっとやっと、ダビデのことが一段落したような
どこかでスッキリした気持ちなんです。
ずっと泣いてましたから、ここからはいい思い出として
ダビデのこと振りかえることができるのかなと。
涙のあと、ついてるかも〜(笑)
鼻水じゃありませんように!!(*≧m≦*)ププッ

投稿: ダビダビ | 2008年10月 3日 (金) 15時20分

●みささん
まだ泣くの早いよ(笑)
本の紹介してくれるの?わーい。嬉しいです。ありがとう。

アニマルコミュニケーション、気になるでしょ。
ほんとは生きてるうちに行けばよかったなぁと後悔してるんだ。
ダビデ、かっこよかったよね!
寝たきりでもかっこよかった。
あいつ、ああ見えてクールな男だったのよね〜(笑)

うんうん、猫は何でもお見通し。
言葉も本当はけっこう理解してるんじゃないかと思う。
ものすごーく賢い。
だから飼い主との絆って、ほんとはすごく深いんだと思う。
だから死ぬときも選んで逝くんだと思う。
猫すごいね!ほんと、すごい。

投稿: ダビダビ | 2008年10月 3日 (金) 15時23分

読むのがちょっと辛いけれど
また本でダビデくんに出会えますね。
11月に本が出るのを楽しみにしております。(∩.∩)
自分にもダビデくんの声が少しでも聞こえるといいなぁ・・・。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年10月 3日 (金) 17時28分

ダビちゃんの本!
またダビちゃんに会えると思うと本当に嬉しいです!
しかも書籍ですもんね!
また違う印象のダビちゃんなんだろうなぁ。

正直、勝手に親戚のオバチャンって思っている私としては胸がキューって締め付けられるのですが・・・。
でもでもきっと、病と闘っている猫ちゃんのご家族とか、本当に心の支えになると思います!
夫にも早速、メールしなくちゃ!!
絶対買いますし!んで、ブログに紹介しても平気なんでしょうかね?!
でも読んだらまた号泣しちゃうんだろうなぁ・・・。
ダビちゃんったら罪作りだ!

個人的には二ヶ月前にちょっと悪い細胞が出てきていて、すんごく精神的に参っていたんですが・・・・。
今日の検査結果ではとりあえず悪い細胞が見当たらないってことで経過観察になりました。
そういうタイミングでダビちゃんの本のことを知って、なんだか運命!って勝手に思う私です。
(・・・何が運命?って言われると説明できませんが)
本、楽しみにしていますね!愛情のこもったご本になるのを楽しみにしています!

投稿: パンダ | 2008年10月 3日 (金) 18時46分

ダビダビさん、こんにちは。
おひさしぶりですね。
ダビ君の本のことお知らせの記事、
どうもありがとう~!
ダビデ君への愛情がいっぱいの本!
とても楽しみです。

投稿: mickey | 2008年10月 3日 (金) 18時59分

●ピュンピュン丸さん
そうですね、ここでダビデのことを見守り
病気録を読んでくださっていた方には
また辛い思いをさせてしまって
少し申し訳ないような気もします。
でも、楽しみにしていると言っていただけて
こちらも勇気が湧いてきます。
ありがとうございます。
ダビデの声、聞こえますね、きっと。
飼い猫もノラちゃんも同じいのち。
ノラちゃんたちにも届け!という気持ちです♪

投稿: ダビダビ | 2008年10月 3日 (金) 19時57分

●パンダさん
ありがとう〜。
子供の頃の写真も入れつつ、ダビデメモリアルでもあるので
暗いところは読まずともぜひまたダビデのこと思い出してもらえるといいな。
だんなさまも、いつもありがとう♪
ブログで紹介していだけるのですか?わーい。大歓迎どころか
ありがたくってしょうがないですっo(^◇^)o

パンダさん、悪い腫瘍なくなっちゃったのですね。
細胞が頑張って追い出したんですよ、きっと。
よかった。
ダビデパワー、天国から届いてるのかもしれませんね(*^.^*)
また詳しい発売日はのちのちわかると思いますので
ご報告しますね。
いつもあんがとです〜!!
寒くなってきたから体調気をつけてくださいねっ。

投稿: ダビダビ | 2008年10月 3日 (金) 20時02分

●mickeyさん
ご無沙汰しております。お元気ですか?
さっそくコメントくださってありがとうございます。
ダビデの思い、伝わるといいなと思います。
ぜひ手にとって見ていただけたら嬉しいです。
愛情だけはたっぷり注入しておきました(*^.^*)

投稿: ダビダビ | 2008年10月 3日 (金) 20時04分

ダビデくんの本 出版おめでとうございます。
是非 読ませてもらいます。

ダビデくんを 見てるとね
言葉にならない感情が
あふれてくるんですよ。

だから いつも 見てしまうんです。

投稿: SALY | 2008年10月 3日 (金) 20時07分

●SALYさん
ありがとうございます。
読んでくれるなんて、嬉しいです〜。
いつも温かい言葉を掛けていただいて
ダビデにも通じてるんじゃないかと思います。
きっと自分にちょっと似てるチョコちゃんのことも
守っててくれると思うな。

投稿: ダビダビ | 2008年10月 3日 (金) 22時53分

ダビダビさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
タイトルと出版社、著者名をメモしました。
明日、書店で予約注文をしてみます。
ISBN978-4-86350-006-8
ダビデ君との再会を楽しみにします。
私のブログに、最近のチョコまる子の画像を
アップしています。ご覧ください。

投稿: mickey | 2008年10月 4日 (土) 01時17分

ダビダビさん、こんにちは。
ダビデくん、そんな風に考えていたなんて。。。
全然そんなことなかった、私もすごくかっこいいと思っていたよ。
いつでもダビデくんはかっこよかったです。
闘病記を出版されるとのこと、執筆はもう終えられたのかな~
思い出すのも辛いこともいっぱいあったとは思いますけど、
ダビダビさん、ダビパパさん、そしてダビデくんの
心の込められた本、是非是非拝見したいと思います。
発売日を楽しみに待っていますね。

投稿: ヒロオト | 2008年10月 4日 (土) 09時38分

出版、おめでとうございます。
ダビダビさん&ダビパパさん、頑張ったんですねcrying
出版の事を聞いただけで、既に涙、涙…です。
絶対買います!買わせて下さい!!!
拝見しながら、私もサラの事、たくさん思い出そうと思ってます。

ダビデちゃん、久しぶりに逢える事を楽しみにしてるからね!

投稿: うにぽっぽ | 2008年10月 4日 (土) 11時25分

●mickeyさん
もう予約なんて早すぎますよ〜(笑)
でも本当にありがとうございます。
チョコちゃんのフォト、
のちほど拝見させていただきますね。

投稿: ダビダビ | 2008年10月 4日 (土) 15時06分

●ヒロオトさん
ご無沙汰しております。
カッコいいと言ってもらえて
天国のダビデは鼻高々エッヘンてなってるだろうな。
クールなナイスガイだったからね(*^.^*)

本はまたあの辛い内容を、と敬遠されちゃうと思ってました。
でもそう言っていただけてすごく嬉しいです。
ありがとう♪ダビデも喜びます!

投稿: ダビダビ | 2008年10月 4日 (土) 15時08分

●うにぽっぽさん
ありがと〜!
たくさん泣きながら作った本です(*^.^*)
同じ時期を同じ病で闘ったサラちゃんのこと
思い出して辛くなっちゃうかもしれないけど
手に取って見てもらえたら嬉しいなぁ。
うにぽっぽさんて、めっちゃ泣き上戸だ!(*≧m≦*)ププッ

投稿: ダビダビ | 2008年10月 4日 (土) 15時10分

こんばんは~☆
かっこいいダビデくんだけじゃなくって
ありのままのダビデくんが見れる本なのね?
きっと世の中には同じ病気で闘ってる猫ちゃんと家族が
いっぱいいらっしゃると思います。
今は元気でもそのうち寿命と言うものがやって来て。。。
病気ではなくってもいずれ別れはありますもんね。

きっとダビデくんも出版の事喜んでいますよね~♪


投稿: じるにゃんこ | 2008年10月 4日 (土) 20時12分

●じるにゃんこさん
ありのままのダビデが見られると思います(*^.^*)
猫との生活がとっても楽しいからこそ
最後はものすごく悲しいんですよね。
自分より寿命が短い動物たちは、自分より早く亡くなる。
誰もが通る別れですもんね。
きっとこの本を必要としてくれる方、いると思います。
ダビデもこの本ができること望んでいたんだと
勝手に思っています(*^.^*)
親バカかな(笑)

投稿: ダビダビ | 2008年10月 4日 (土) 22時56分

 初めまして&お早うございます。
ダビデちゃん・ダビダビ様の大ファンで
ずっと拝見させて頂いております。
私もNijiiroCatさんのメンバーです。
(凄い数のコメで控えておりました)
 ご本の出版おめでとうございます。
絶対に購入させて頂きますですhappy01
今まではpcでしか逢えなかったダビデちゃんが
本で逢えるなんて幸せですheart01
で絶対sweat02号泣ですわぁsad

投稿: シモベッチ | 2008年10月 5日 (日) 06時25分

●シモベッチさん
はじめまして♪
コメントありがとうございます。
ずっと見てくださってたとは、とても嬉しく思います。

本は悲しい思いがぶり返してしまう内容ですが
よかったらぜひ手に取って見てくださいね。
ダビデもきっと喜びます。
号泣せず、笑顔で読んでくださいな(*^.^*)
ここにもまた遊びに来てくださいね!

投稿: ダビダビ | 2008年10月 5日 (日) 14時32分

このコメント欄が開いているなんてぇぇぇぇ
あまりに嬉しいから書き込んじゃうよっ(>▽<)

アニマルコミュニケーションで知ったダビちゃんの気持ち。
本当に驚いちゃいましたよねー。
そんなに何でも分かっているなんて、
飼い主の方がよっぽどダメダメですよね。
あ、ダビダビさんの事じゃなくて、一般論としてです(笑)

猫の気持ちが分かりたい。
自分ちの子の気持ちが分かりたいですね。
アンちゃんとフーちゃんだって、きっと何か思ってるんだっ(^m^)
ダビちゃんの事、どの程度知ってるのかなーアンフーは。
やっぱりダビちゃんに「おまえ、お行き」って言われてダビダビさんご夫妻の目にとまったのかな。
今回、ご夫婦で編集している間も、アンフーはパパとママがいっぱいティッシュを丸めながら作業してるの見てたんだろうな。でも、丸めたティッシュ頭に乗せられながら、アンフーも力を貸してくれたんだろうな(笑)
そういう意味では、ダビデ一家総出で作った作品とも言えますね~!


ダビちゃんの願いが叶えられる事が本当に嬉しいです。
ダビダビさん、ダビちゃんに使われちゃいましたね(笑)
こういう本を出すにしても、飼い主に文才がないと無理だろうし、
夫婦で出来る人ってなかなかいないんじゃないかな?すごい事です。

でもねー、買ってもしばらくは本を開けないかも^^;
そんでもって、一生大切に持っていて、結局開かずに持ってるだけかも・・・・それでもいーい?(笑)
だってタイトル見ただけで胸が苦しくなっちゃう(^^;
書店で見つけたら、思わず震えちゃいそう!!
「今日、鼻水たらして泣きながらお金払ってる人がいました」って言われないように気をつけます。
あ、すごい長い文になっちった(´▽`;

出版、おめでとう、ダビちゃん!


投稿: ピグティー | 2008年10月 5日 (日) 20時04分

●ピグティーさん
こちらにもありがとうございます〜♪
ピグティーさんにはアニマルコミュニケーションの話も
だいぶお話しちゃいましたもんね(*^.^*)

あの時コミュニケーターさんにメッセージを伝えてもらわなければ
あきらめてたかもしれないから、ダビデの意志を感じずにはいられないな〜。
猫って賢いから、人間が思っているより死ぬことに関しては
クールでカッコいいですよね。人間はダメダメです。
そういえば、ピグティーさんはまだOKが出ないんですねぇ。
アニマルコミュニケーションへは行けないのね。残念っ。

アンフーがもしいなかったら・・・って思うと怖くなります。
この子たちには本当に癒されてきましたので
いなかったらまだまだどっぷり悲しみど真ん中だったと思うな。恐ろしい!(笑)
この2ニャンはダビデのこと感じてるかな〜気になるところですね。
一家総出でつくった作品。まさにそうですね。アンフーも参加してますね!

あはっ。あの内容読むのは辛いですよね。
写真だけ見るってのもアリですよっ。
でもいつかはこっそり読んでくださいね〜(笑)

ピグティーさん、ありがとう。いつもいつも感謝しております。
私の悲しみ少しぐらいは背負っちゃっいましたよね。
その分、私が楽になったんです。ありがとう。

投稿: ダビダビ | 2008年10月 5日 (日) 21時32分

ダビデくんの想いを知って、また心が熱くなりました。
なんて飼い主想いのいい子なんでしょう。
ホントにかっこいい男の子です!!

本の話、辛かったこともいっぱいあったと思いますが
愛情もたっぷり詰まった日記なので、ぜひ書店で見かけたら購入させて
頂きますね!そうダビデくんにお伝え下さい!!

投稿: sui | 2008年10月 6日 (月) 14時02分

やはりこちらも更新されてましたねhappy01
ダビちゃんが本になるのですね。
おめでとうございますshine
病気録は、目をパンパンに腫らしながら読みましたsweat01
本のほうもつらくてワンワン泣いちゃうんだろうなぁ~crying
でも、ダビちゃんの願いですもの。
目をそらさずに読ませていただこうと思いますrock
ダビダビさんご夫婦も、まだ日が浅いのに、
当時を振り返る作業がつらかったのではないですか?
ダビちゃん、自分の事みっともないなんて思ってたの…?
本読む前からまた泣いちゃいましたよcrying
痩せて汚れてしまっても最期までせいいっぱい生きる姿は、
すごくかっこいいのにsign03
アニマルコミュニケーション、すごく気になります~。
私も聞いてみたいことがたくさんあるなぁ…bearing

投稿: あらぼるん | 2008年10月 6日 (月) 21時47分

●suiさん
ブログ見てくださって嬉しいな。
ありがとう。

なかなかやるでしょ、ダビデ(笑)
カッコよかった〜。うん。
ずっと忘れさせてくれない悪い子ですけどね〜(*^.^*)

本、よかったら手にとって見ていただけたら幸せです。
涙流して作りましたから(笑)
ダビデも喜ぶと思います。
ありがとね!

投稿: ダビダビ | 2008年10月 6日 (月) 22時20分

●あらぼるんさん
こちらにも来ていただけて嬉しいです。

そして本のことも、ありがとう。
私なんかは猫を飼うのが初めてでしょう。
だからね、こういうの出しても
たくさん経験した方たちにとってみたら
悲しいのも当たり前だし、みんなそんな経験してるのよ、何言ってるの?って
思われちゃうのかなぁって少し思ってたんです。
だから、猫飼いの先輩でもある
あらぼるんさんが読んでくださるってことすごく嬉しいんです。
この本出すのは間違いじゃないなぁって♪
読んでいただけたらダビデも嬉しいと思う。

最後まで生き抜いた姿、ほんとにカッコよかった〜
クールなダビデはきっと恥ずかしかったんだろうなぁ。
自分でトイレに行けないこと、すごくいやだったんだと思います。
アニマルコミュニケーション、気になるでしょう!
生きてる子たちにこそ、必要なのかもしれないですね。
けっこう当たるのでビックリしましたよ。

投稿: ダビダビ | 2008年10月 6日 (月) 22時26分

ダビダビさん、こんにちは。
今日、近所の書店にて、予約注文しました。
宮帯出版は、この書店の注文取引業者目録にありました。
入荷し次第、電話連絡されます。
連絡が待ち遠しいです。
三重で、著者のサイン会、予定ありませんかcoldsweats01

投稿: mickey | 2008年10月 7日 (火) 01時04分

●mickeyさん
うぉぉ、早いですぅ〜(笑)
でもうれしいです。ありがとうございます。
今月末ぐらいに刊行されるかもしれないです。
mickeyさんが一番早く、手に取ってみてくださる方かもしれないですね!
サイン会、ないない(笑)
姿を見せたら逆に本が売れなくなってしまいそうですから(*≧m≦*)

投稿: ダビダビ | 2008年10月 7日 (火) 15時14分

こっちでも、ですね!
出版おめでとうございます

つか、メッセでHP読んですぐに、鼻グスグスで送ったから
それは置いといて ダビデ君が導いたなんて、ダビダビさん達らしいな
ふたりの元に来て、今生の生を終えてなお、力をダビダビさんたちに
くれるなんて、本当にブラボーな子です ダビデ君てば

ふたりとも、すごく辛い中、ああして病気録を書いてくれて
「あれがあったら、わたしも先代の時どんなに救われたか」と
言った言葉を心に刻んでて下さって、嬉しいです ありがとう
きっと、ほかのかたがたも、そう仰ったんでしょうけど

想いが、形になる、、なんて、素晴らしいことでしょう
丁寧に編集して、涙なくしては編集なんかできなかったろうに、、
本当に、お二人とダビデ君、癒してくれたちびにゃんたちに
ありがとうです!

投稿: げんたの | 2008年10月 9日 (木) 13時43分

●げんたのさん
こっちにもありがとうございます。
ほんとね、ダビデったら何て子でしょうねぇ。
私たちをうまくあやつってるでしょ(笑)
いなくなってまで、ダビデのワガママ聞いてるような。
ブラボーですよね〜。
ちょっと猫っぽくないヘンな子だったなぁと
今さらながら強く思います。

ダビデが病気になってからいただいたげんたのさんのたくさんのメッセージ、
アドバイス、どれだけ役立ったことでしょう。
そういう思いをしたから、ダビデの病気録を書き残そうと思ったのかもしれないです。
がんもちゃんたちの意志でもあるんですね、きっと。
つながってるよ〜〜。

泣きながら作った本。自己満足なものなのでお勧めするのも何ですが
でもダビデの意志、伝わったらうれしいです〜
今の2ニャンがいたからこそ泣いては癒され
泣いては癒され、仕上がったのかも。
ってことは2ニャンも立派に役目を果たしたのですね〜

ほんとありがとね。げんたのさん!!毎度、感謝ですっ。

投稿: ダビダビ | 2008年10月 9日 (木) 15時47分

ごぶさたをしております。
mixiの方でたまにコメントさせて&いただいてましたかなたです。

今でもやっぱり見に来ちゃうダビゴザ。
でもダビちゃん。けっして色あせないんですよねぇ・・・。
私の心の中で。
そんなダビちゃんを手元にいつでも置いて置けるなんて幸せです。

私にはあの病記録は病記録というより、ダビちゃんへの深い深いラブレターで、本当に愛がひしひしと伝わってきました。
動画のも、でしたね・・・・。

発刊とてもとても楽しみにしています。

投稿: かなた | 2008年10月12日 (日) 16時33分

し、しまった不覚ですた。。。ダビデの本なんだもん、ダビゴザだよねぇ。。。
ゴホカツばかり見てて、チェック忘れてました(+_+)

自分のmixi日記ではこの本のことを取り上げたこともあったんですが、
ダビゴザちぇっくをしてなかった(≧≦) ゴメンヨー

闘病記とはいえ、本になるなんて、幸せな一生を歩んだにゃんこだなぁと思ってました。大半のにゃんこはそこまでしてもらえないし、いつまでも沢山の人の記憶に残ることなんてできないものね。緒形拳さんなみに名優ダビデのメモリアル。いいなぁ~

ただね、ダビダビさんのことも心配でした。
本作りをすれば悲しみの記憶が蘇ってきてしまうんじゃないかと。
きっとこんな本を待っていたと思う人がいると思いますよ。
限りある命ですもの、いつかは私たちだって同じ運命。せめて誰かの胸に記憶されるような一生を送りたいでものね。

もちろん私は買わせていただきます(笑)
ハンカチとティッシュを用意してから読みます(泣)

投稿: まさみ | 2008年10月12日 (日) 23時51分

●かなたさん
ご無沙汰しております♪
ここにまた来てくださってうれしいです。
色あせないなんて、最高の言葉です。
ダビデ喜んでますね、きっと。
モテるの好きな男だったもん(笑)
病気録というよりラブレター、うれしいな〜。ものすごく。
愛情みっちりで今思うと少し恥ずかしいぐらいですが
何かしら感じ取ってもらえる本になってるといいなと思います。
どうかまたダビデのこと思い出して
かっこよかったよ〜と言ってあげてくださいね(*^.^*)

投稿: ダビダビ | 2008年10月13日 (月) 03時39分

●まさみさん
こちらにもありがとうございます♪
日記拝見しました。なんだか恥ずかしいからコメント書かずごめんね。
もう一度あんな悲しいの、読みたくないだろうなぁって思うんです。正直なところは。
私も辛かったもん。
でも、私の場合はね、どっぷりダビデのことばっかり考えたでしょう。
逆にそのおかげで早く立ち直れたのかもしれないなぁって思います。
たくさん泣くとスッキリする、あんな感じかな。
何度もまたあの時のことを思い出して愛情を再確認しましたよ。
たまたま書くのが好きな人間が日記を書いて、
それを残せる場所があったという
今の時代に感謝しなければいけませんね〜
いい時代なのかもしれないですね。

ありがとう、まさみさん。
また読んでくれたらダビデも嬉しいと思う。
読まずとも、写真見てやってくれるだけでもありがたいです。

投稿: ダビダビ | 2008年10月13日 (月) 03時44分

 出版おめでとうございます。昨年の秋からの
4ヶ月は思い出されるのはつらかったと思います。
でもダビデ君の生きた証しお残したいお気持ちも
察せられます。小さな命が生まれ、生きて、愛され
懸命に病気に耐えて天国に召された記録は単なる
猫の一生を描いただけでなく愛の物語として、感動を
受けました。今もパソコンの背景にダビちゃんの
ほっかむりの写真を使わせていただいています。
とても愛された猫ちゃんだから魅力があるのです。

投稿: linden | 2008年10月14日 (火) 20時29分

●lindenさん
ありがとうございます。
とっても嬉しいお言葉をいただいて、
作ってよかったなぁと改めて思いました。
飼い主の愛情が出過ぎてる感もあるかなぁと思っていましたが
そう言っていただけて本当に嬉しいです。
また思い出す作業は辛かったのですが
一層愛情が深まった気がするし、
4ヶ月間のことはもちろん、ダビデの一生をさらに心の深くに残せる気がしています。
猫も人間も同じいのち、そんな気持ちで綴った1冊、
手にして見ていただけたら幸せです。

投稿: ダビダビ | 2008年10月15日 (水) 03時31分

ずいぶん遅いコメントになってしまいましたが

うぉぉぉーーーんっ!!
この日記だけ泣いてしまいました。すんすん。
本になったらどうなることやら・・・
濡らしても大丈夫なように2冊買わないとだめかもな。笑

かっこ悪くたって最後まで読むよ。ダビちゃん。
私たちもいつか経験するそのときのために予習させてもらうね。

投稿: KEI | 2008年10月24日 (金) 02時36分

●KEIさん
こっちにもありがとね!!

ダビデったら泣かすよね〜。
今度の本は、ダビデのパワーだと思ってるの。
だから読んでくれたら、一番喜ぶのはダビデなんじゃないかな。

今の2ニャンとの時間、大切にするんだよっ!
いっぱい可愛がってあげてね。
読んだら感想聞かせてね。

投稿: ダビダビ | 2008年10月24日 (金) 12時24分

はじめまして。今日、上野駅の本屋で見かけ、写真を見ると、我が家の娘と瓜二つ(鼻すじのあたりが黒いところ以外は本当にそっくり)。途中の電車内で読み始めて数ページで、目が潤んできて、これはまずいと思い、帰宅してから読みました。もらい泣きしやすい性格とはいえ、読み終えた時はボックスティッシュ一箱空け、本の端が涙か鼻水かで少しふやけていました(汚い話でスイマセン)。というのも容姿だけでなく、年齢や仕草がとても似ているんです。1998年元旦に雪の舞う境内で拾いました。捨て猫だったのか、迷い猫だったのかは未だ分からないものの、住職さんの薦めで我が家にやって来ることになりました。10才を過ぎ、少しでも長生きしてほしいと思っていたものの、「いつもそばにいる」、このことの大切さをあらためて、この本(ダビデ君?)は教えてくれました。いずれやってくるその時まで、少しでも、我が家に来てよかったと思ってもらえるように、1秒でも多くかわいがってやりたいという気持ちをもっと強く持ちたい、いや、持つべきだと自戒の念も込めて強く感じました。でも、鼻水かみかみ、この文章を打っている自分が、その時を受け止めきれるか。かわいいが故にその反動も大きい…命を預かるとは、かくも重いことなのですね。

投稿: ヤツ=パ=リネコガスキー | 2008年10月25日 (土) 21時37分

●ヤツ=パ=リネコガスキーさん
はじめまして。読んでいただいてありがとうございました。
さっそく本の感想をいただいてとても感激しています。
ダビデと似た猫ちゃんと暮らしていらっしゃるのですね。
だったら余計に悲しくなってしまったかもしれません。
電車で読んだらキケンでしたね!(笑)

可愛いが故にその反動も大きい・・・確かにその通りですよね。
何気ない日常の1コマがこんなにも大切だっていうこと、
特別なことじゃなく、ささやかな毎日こそが大切だってこと。
ダビデがいなくなって初めてわかりました。
そのことに気づいているだけでもいいと思うんです。
それだけですごいことですよね!

猫がいる生活は素晴らしいですよね。
ずっとずっと1日でも長く、愛猫ちゃんとの暮らしを楽しめますように。
ダビデに似た猫ちゃん、可愛いんでしょうね〜♪
どうかたくさん抱きしめてあげてくださいね!
猫ちゃんは嫌がるかもしれないですけど(*^.^*)

感想いただいて、本当にありがとうございました。
飛び上がりたいほど喜んでしまいました(笑)

投稿: ダビダビ | 2008年10月26日 (日) 01時02分

読みはじめから、読み終えるまで涙がとまりませんでした。
いえ、いまも涙がとまりません
読んでいる間は「?」って思ったのか、
にゃんずがそばでじっとぐしゃぐしゃの顔を覗き込んでました。
うちは、私・息子二人・にゃんず二人の五人家族
にゃんず以外はみんな仕事しているので
お留守番の多いにゃんずなのです。
おまけに、来年は転勤の可能性が高い長男
そして、おそらく仕事の為に家をでる次男
・・・・・・・

人の手で勝手に捨てられた
二歳半と10ヶ月のこの子達
この子達を幸せで包んであげられているんだろうか
なにより病気になったときちゃんと看てあげらるのだろうか
この子達との向き合い方を問い直された気がしました。
家族みんなが幸せを感じられる生活をしなきゃ、って


ところで本の中にも書かれておられましたが
検査費や治療費は本当に高いですね
うちの子が春ごろ吐き気が続いて、検査を受けたとき
レンドゲン・エコーなど色々調べて頂いたのですが
毎回、びっくりしました
とりあえず、早く保険にはいらねば・・


ダビデ君 あんちゃん フーテン君
素敵なパパとママでうらやましいよ~

投稿: kakko | 2008年10月26日 (日) 14時00分

●kakkoさん
本の感想をいただいて、たいへん感激しております。
ありがとうございます。

あんまり泣くと、ニャンちゃんたちが心配しちゃうんですね。
ちゃんとわかってるいい子たちですね。

大抵の場合、ずっと家に猫と一緒にはいられませんよね。
仕事しなくちゃいけないし、猫ちゃんはお留守番なのが普通だと思います。
でもたくさん愛してあげればそれでいいんだと思います。
時間じゃない。
病気に早く気づいてあげて、もし病気になったら
その時にはできる限りのことをしてあげる。
それでいいんです、きっと。
ちゃんと猫たちはわかってくれます。
幸せだと思える何気ない毎日を大切に。
そこに気づいているだけですごいことなんですよね。

動物の医療費は本当に高いです。
ウチもダビデが病気の時、いつも文句言ってましたもん(笑)
頑張って働いて、猫の医療費を稼がねば!(*^.^*)

私たち夫婦はダメな人間でした。
だら〜っと暮らして「いのち」について考えたことなんてなかったし
だからこそ、ダビデという猫と出会って、
彼を看取ることが神様から与えられた試練だったのかもと思っています。
ダビデのおかげで、少ーしだけ、まともになれたかな(笑)

kakkoさん、どうか猫ちゃんとの暮らし大切に、
たくさん愛してあげて1日でも長く一緒にいられますように。
ダビデの分も長生きしてください。

ダビデの本、読んでくださって本当にありがとうございました。
この本を出してよかったって思えました。

投稿: ダビダビ | 2008年10月26日 (日) 23時17分

はじめまして。
猫の手作りごはん系の本を探しに、ぶら〜っと立ち寄った本屋さんで
この本と出会いました

号泣でした
9年といったら老猫さんですよね
よく頑張った!って撫でてあげたいくらいです

うちは15年くらいになるお婆さん猫です
長生きな方だと思います
病気は無く、まだまだ元気だけど最近は最期の事を考えたりして
覚悟を決めてるつもりだけど
いざ急に病気になったりしたら、どうなんだろう?
そう思ってた矢先に出会った本なので切なくなりました

命。

本当に最期の最期まで
大切に過ごしていきたいです
色々な面で勉強になりました
素晴らしい本に出会えて感謝してます
ありがとうございます

投稿: ぽったんたん | 2008年10月29日 (水) 00時38分

●ぽったんたんさん
読んでくださってありがとうございます。
ご感想までいただけて感激しています。

飼い主が不勉強でなかったらもう少し長生きできたかもしれない。
そういう後悔がすごく残っています。
この本を通じて、飼い主さんが私のような後悔をしないために
そして、少しでも長生きできる猫ちゃんたちが増えてくれたらいいなぁと思っています。

ぽったんたんさんの猫ちゃんは15歳なんですね〜♪
心配な年齢だと思いますが、できれば20歳まで、
いえいえ25歳まで長生きして欲しいです。
たくさん愛して抱きしめてあげてください。
何気ない毎日、本当にあとでかけがえのないものになるので大切にしてくださいね!

こちらこそ、読んでいただけてありがとうございました。
よかったらまた遊びに来てください♪

投稿: ダビダビ | 2008年10月29日 (水) 02時54分

 お久しぶりです☆
 本の出版、お疲れ様でした。
 早速、本やさんに探しに行こうと思います!

 動物と暮らすことは可愛く楽しい日々だけではない!という事実をちゃんとたくさんの人が知ることって、今のペットブーム(この言葉自体好きではないですが)においてすご~く大事ですよね。
 
 ダビダビさんのところにくると改めて自分の仔たちとの向き合い方を考える良い機会をもらっています。
 仕事が忙しくてつい、大雑把な対応をしちゃっているなぁ、、とか、、。
 いつまでも一緒が当たり前になっているなぁ、、とか。、、反省です。
 
 ダビダビさん、旦那様
 いつもにゃんこと向き合う大切さを教えてくださり
本当に有難うございます。
 
 

 あんちゃんふーちゃんの姿にも素敵な時間をいただいています☆
 さすが、ダビちゃんの後継者たち!
 これからも2にゃんのごほかつ、楽しみにしていますね。

投稿: みぃラス | 2008年10月29日 (水) 12時42分

はじめまして。

今日、ふらっと立ち寄ったいつもの書店で、ダビデちゃんに逢いました。
かわいい顔してこっちを見てるから、ついつい近づいていっちゃいました。

立ち読みしようとしたら、「だめだ、これは…」と思い、速攻レジへ。立ち読みするには泣いて読めないから。

家について、ゆっくり読みました。
ダビデちゃんの時間に触れました。
涙が溢れました。
この子は優しくて甘えん坊で暖かい子だ…そう思いました。
お父さんとお母さんが大好きで、だからこうして本になっていつまでもお父さんとお母さんの側にいたかったんだな…そう思いました。

うちにも推定11才の『みや』という名の姫がいます。
彼女が歳を重ねるにつれ、そういったことを考えないこともありません。
ダビデちゃんを通して、姫の存在の重さを再確認しました。
ただ、うちの姫は写真を撮られるのが嫌いで嫌いで写真を撮れない(´Д`)
ま、触れ合いだけでもヨシとしますか( ̄― ̄)


本を出していただいてありがとうございましたm(__)m
ダビデちゃんに「ありがとうね」とお伝えください。

投稿: みやママ(私の方が娘かも?) | 2008年10月29日 (水) 16時05分

●みぃラスさん
ご無沙汰です。
ダビゴザの方、チェックしてくれてるなんて嬉しいです。お忙しい季節でしょう。

動物を飼うってことはいつか必ず別れが来る。
わかっちゃいるけどなかなか何気ない毎日のことなんて
忘れちゃうものね。
みぃちゃん、ラスちゃんがどの場所が好きでどんな風に甘えてたか、とか。
小さいこと覚えていてね♪
別れのことは考えず、今を楽しく♪も大切ね。

こちらこそありがとね。
たくさん温かい言葉をもらったこと、励みになったし
そういう積み重ねがこの本の根底にあるんだもん!

あん、フーもどうぞ、末長くよろしくね〜♪
ダビデほど役者じゃないけど、ま、仕方ないねっ(笑)

投稿: ダビダビ | 2008年10月29日 (水) 21時59分

●みやママさん
本を読んでくださって、しかも感想までいただいて
何て嬉しいことでしょう。ありがとうございます!

我が子は特別ですが、特にダビデは最初に飼った子ということもあって
今でも特別な存在になっています。現在は2匹飼っているんですけれど(*^.^*)

>この子は優しくて甘えん坊で暖かい子だ…そう思いました。

そう言っていただけて嬉しいです。ダビデはクールだけど心が広くて優しい子でした。
甘えん坊も、そうです(笑)当たってます♪

写真嫌いなみやちゃん(*^.^*)11歳なんですね。
病気の心配もチラホラって時期でもありますので
ちょっとしたサインを見逃さないであげてください。
私たちはものすごく後悔しちゃってますので。
そしてみやちゃんのことたくさん愛して、いっぱい素敵な時間をお過ごしくださいね。

また遊びに来てください。これもダビデのつないでくれた縁と思っておりますので♪

コメントありがとうございました。

投稿: ダビダビ | 2008年10月29日 (水) 22時07分

お返事ありがとうございます( ̄▽ ̄)

そうですね。
ダビデちゃんがくれた縁ですね。
私が今日書店でダビデちゃんに逢えたのも、こうしてHPを知ることができたのも、ダビデちゃんが居てこそのことですもんね( ̄▽ ̄)
だって、あんなかわいい顔でこっち向いてたら、やっぱり近づいていっちゃいますよ~(ノ゜O゜)ノ

しかし…うちの姫はなかなか写真におさまりませんな(;¬_¬)


お言葉に甘えて、また来ま~すヽ(´∇`)ノ
携帯からなので、もしかしたら私のカキコミが文字化けするかもしれないけど(;^_^A

投稿: みやママ | 2008年10月29日 (水) 22時55分

●みやママさん
ダビデはいなくなってまでも、こうしていろんなパワーを送ってくれます。
ダビデの縁ですね、本当に。書店で見つけてくださること自体、奇跡的な気もします♪

姫ちゃん、小さい頃からカメラを向けてないと
なかなか慣れてくれないんですよね〜
写真に撮らなくても心に残ればオッケーですね!

またぜひぜひ、遊びに来てくださいね。
今のところ文字化けしてませんよ(*^.^*)

投稿: ダビダビ | 2008年10月30日 (木) 04時00分

ダビダビさんへ。ダビデくんの9ヶ月めの月命日にダビダビさんの書籍が私の手元に届きました。闘病記。。読んでいて、もちろん涙が流れましたが、不思議な事にダビデ君、ダビダビさんご夫婦の幸せな9年半を感じる事が出来ました。「長生きさせてあげられなかったことを許してほしい。」と書かれていましたが、ダビデ君は「長生きできなくてごめんね」って返事してますよね。お互いを思いやる気持ちがすごく伝わってきました。ダビダビさんが「好きで好きでたまらなかったダビデ君」。私達も大好きでした。大切な「キズナ」を教えてくれました。すてきなご縁も結んでくれた。ダビデ君&ダビダビさん感謝しております。

投稿: レシピ | 2008年10月30日 (木) 15時53分

こんばんはm(__)m

いや~、そもそも新書の棚に、表紙を顔にして置いてくれた書店の方に感謝です。
あれでなければきっと気づかなかったですよ。
売り場でそんないい位置をとるなんて、やっぱダビデちゃんはすごいなぁ( ̄▽ ̄)ノ

姫はといえば、最近は寒いので母の腕枕で寝ておるようです。
かわいいのになぁ…写メは睨まれるし怒られるし…(´Д`)

ではまた~* ̄0 ̄)ノ

投稿: みやママ | 2008年10月30日 (木) 20時06分

●レシピさん
月命日の今日(もう昨日ですが)届いたのですね〜
なんだか嬉しいです。
言葉はしゃべられないけれど、通じるものってあるんですよね。
ダビデが自分で逝く日を決めていたような気もするし、
つながっていたのかなぁって今は思えます。
すごいことですよね、これって。
猫を飼うってすごいことの連続なんです。
でも普段は気づかないんですけど(*^.^*)
感謝だなんて、こちらこそたくさん温かい言葉を掛けていただいて感謝しています。
そして本も読んでくださって、また同じ闘病記だったのにもかかわらず。
ありがとうございます。素敵な感想まで♪嬉しいです。
ダビデにも届いてると思います。レシピさんの素敵な言葉。
ダビデのやつ、また自慢げになってるかも(笑)

投稿: ダビダビ | 2008年10月31日 (金) 01時20分

●みやママさん
書店によっては置いてない所も多いんですよ。
あとは棚に2冊ぐらいとか、これだと背表紙だけしか見えないから見つけてもらえないですよね。
書店さんに感謝!!こういう偶然も「縁」なのだと思います。

写メもダメですか〜(笑)
手強いですね、みやちゃん(*^.^*)

投稿: ダビダビ | 2008年10月31日 (金) 01時22分

 アマゾンからさっき届き一気に読んでしまいました。

プログでダビデの死を知ったときの衝撃と落胆をまた

思い出してしまいました。でも不思議にまだどこかで
 
ちょこっと座ってダビダビさんのおうちにいるような

気もしてしまいます。

この子は私達の心の中で不滅ですから。


投稿: linden | 2008年10月31日 (金) 19時17分

ダビダビさん 改めて本の出版 おめでとうございます。
泣きました。何度も読み返し泣きました。
一年前の涙と違う涙をまた流しました。
ダビちゃんのメッセージ しっかと受け取りました。
気持ちがうまく表現出来ず コメントがなかなかできませんでした。
この涙がなんなのか。。。自分なりに考えました。
ダビダビさんが本の中で書かれてた「次の命に繋げてゆこう」ということにたどり着きました。
命の大切さ 命の平等 動物医療 ets
いろいろなメッセージが感じられました。
そしてそれにも増して ダビちゃんに対するダビダビさんご夫婦の強い愛情です。
それにつきます。
ダビちゃんはほんと幸せ者です!

最後に可愛いダビちゃんにまた会わせていただき

ありがとうございました。


投稿: to moko | 2008年10月31日 (金) 19時47分

こんばんはm(__)m

今日、別のよく行く書店に立ち寄りました。
ダビデちゃんは居ませんでした(´Д`)
やっぱりアレは縁だ( ̄□ ̄;)!!
としみじみ思いました。
ダビデちゃんに逢えてよかった~(≧▽≦)/
(↑山本高広風に)

投稿: みやママ | 2008年10月31日 (金) 23時12分

●lindenさん
さっそく読んでいただいてありがとうございます。
また悲しい気持ちになっちゃいましたよね。
そう、ここでダビデのこと知っていた方々には
またあの辛い暗い気持ちになってしまうこと
少し申し訳ない気もしてました。
でも目を背けずまた見ていただけたこと
すごく嬉しく思っています。
不滅、という素晴らしい言葉にダビデも喜んでいますね。
いちばん望んでいることかもしれません。
忘れないでボクのこと。そう思ってると思いますので。
これからもたまには思い出していただけると嬉しいです。

投稿: ダビダビ | 2008年10月31日 (金) 23時26分

●to mokoさん
ありがとうございます。
何度も読んでくれたんですね。
to mokoさんはたくさんダビデのこと思ってくれてた方だから、
またすごく辛い思いをさせちゃったかもしれないです。

一年前と違う涙。うんうん、なんか私も言葉にできないけどわかる気がします。
あの時とはまた違う涙なんですよね。これが月日が流れるということかもしれない。
いろいろ考えて悲しんで、たどり着いた涙なのかもしれないですね。
コメント読みながら目頭が熱くなっております(*^.^*)
伝えたいなぁと思っていること、伝わってるんだって確信と喜びもあるし
ダビデが今でも思われていることも嬉しいし、
こうしてまたここでコメント書いてくださる方のあたたかさとかいろいろ♪

こちらこそ本当にありがとう。言葉じゃ言いつくせないっす。
そしてこれからもよろしく、ですよっ(*^.^*)

投稿: ダビダビ | 2008年10月31日 (金) 23時32分

●みやママさん
こんばんは♪
ダビデの本、ありませんでしたか〜(泣)
やっぱりご縁なんですねっ。
ダビデが呼んだんですよ、きっと。
ダビデが結んだご縁、これからもよろしくお願いしますね!

投稿: ダビダビ | 2008年10月31日 (金) 23時34分

こんばんは( ̄▽ ̄)


こちらこそよろしくお願いしますm(__)m
ゴホカツが携帯からはちょっと見られないのは残念ですが(´Д`)

投稿: みやママ | 2008年11月 1日 (土) 18時32分

はじめまして~
10/31本屋さんの前を通ったらネコの横顔の何ともいい写真が目に入り、題にビックリして思わず手に取り買ってしまいました。
とてもきれいなネコで、食いしん坊で、やんちゃなネコだったんですね~。
もちろん泣いて読みましたが、とてもいい本でした。
私は今はサルと一緒に生活しています。
一日一日気持ちを込めて感謝して一緒に生活していこうと改めて思っています。

投稿: まつ | 2008年11月 2日 (日) 20時44分

●みやママさん
こんばんは!
携帯で見られないの、不便ですよね。
事務局に前聞いたら、今後、見られるよう頑張っているらしいです。
でも写真が大きくて重たいから難しいんだろうな〜
気長にお待ちください(*^.^*)

投稿: ダビダビ | 2008年11月 3日 (月) 03時26分

●まつさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
写真に釣られて買ってしまったのですね〜(*^.^*)
ありがたいです。嬉しいです。
いい本と言っていただけて、出してよかった〜と思いました。

サルちゃんと一緒に住んでるとは!!
猫飼いじゃないのに本を買っていただけたの、ますます嬉しいです。
サルって賢いんだろうなぁ。人間に近いから猫とはまた違う楽しさがあるんだろうなぁ。
1日1日を大切に、サルちゃんとたくさん思い出を作ってくださいね。
ご訪問ありがとうございました。
また遊びに来てください。

投稿: ダビダビ | 2008年11月 3日 (月) 03時30分

はじめまして、ダビゴザはずっと拝見していました。
ダビちゃんの事もずっと応援していました。
ワチシは2年前に愛猫を、今年6月に愛犬を見送りました。(2人供13歳でした。)
(ニャンは10日しか看病できませんでした。ワンコは約1年頑張りました)
ダビちゃんの本、ここで出版の報告があってから絶対読ませて貰いたいって思ってました。
やっと本屋さんで見つけた時すでにウルウルしてました。
一気には読めませんでした。。所々息が出来ない位泣いて、でも止める事は出来なくて。自分の事と重なって、でも最後は暖かいものが伝わってきて、ワチシが2人から教えてもらった事、再確認させてもらいました。本当にありがとうございます。
彼らを見送った後、ワチシも死が怖くなくなりました。

ダビちゃん、男前で、お茶目で可愛くて表情豊かで、見てると自然に笑顔になってました。(=^^=)ほんと大好きです。今も時々お顔見に来てます。
ウチのニャンコも最高6.5キロで、ふっわふわのプニュプニュでした(笑)

投稿: まりっか | 2008年11月 3日 (月) 21時02分

●まりっかさん
コメントありがとうございます。
ダビゴザ見てくださっていて、しかも病気になったダビデのことも応援してくださっていたのですね。
それだと、本を読むのは辛かったと思います。悲しかったと思います。
愛猫ちゃんとワンちゃんを思い出して重ねて、
また辛い日々を思い返してしまったと思います。
最後まで読んでくださってありがとう。

でも、こうしてまた亡くなった猫ちゃんとワンちゃんを思い出すことは、素晴らしいことですね。
私も今本になってまた思い出し、ダビデの存在の大きさを再確認しているところです。
ほんとにね、ダビデはお茶目で男前なステキな子でした。
今頃はまりっかさんの猫ちゃんと、天国で出会ってるかもしれないですね〜。
プニュプニュ自慢してるかも(*^.^*)
亡くなった今もこうしてダビデのことを少しでも考えてもらえるなんて、幸せものです。
なによりの供養ですね。ありがとうございました。

投稿: ダビダビ | 2008年11月 4日 (火) 01時28分

ダビダビさーん!!おひさしぶりです~。

こちらはずっと保護にゃんが絶えず、(今もまた・・)猫だらけでした。

その中で、片目の悪い子猫、らいちゃんがいまして、里子はあきらめていたのですが、この上なくすばらしい、らいちゃんに合った方のところに里子にいきました。

その里親さんと昨日電話で話していて、ブログの話になり、私がダビゴザとダビデの話をしたら、「え?ダビデ??」と。
本を買ってきたばかりだというのです。

ふたりで、ダビデの話をして、のどを詰まらせました。

ダビゴザは、ダビゴザこそ、ぜったい本にするべきだとすごく思っていたので、驚き、嬉しかったです。しかも闘病か、と・・・。ダビダビさんの想いがわかった気がしました。
そんなことがあったのですね。

本、絶対買ってきます。また泣いちゃうだろうけど、それでいい。
ダビデはやっぱりすごい猫です。

投稿: きみどり | 2008年11月 5日 (水) 00時58分

●きみどりさん
ご無沙汰しております。
その後もたくさん保護猫ちゃんがいらっしゃるとのこと。
減らないんだなぁ。ちょっと悲しいけど
きみどりさん宅はにぎやかで楽しそう。大変だろうけどね。
いつも頭が下がります。

らいちゃん、里親さん見つかったの?!\(^o^)/
それは嬉しい〜。よかったよかった。ほんとによかった。
幸せになれそうですね。ホッとしたでしょうね〜
らいちゃんの里親さんとダビデの話をしてくださっていたなんて!!とっても幸せ感じます。
なんだかダビデがつなげてくれたご縁が、ここにも!って感じで嬉しいなぁ。
らいちゃん、密かに応援してましたので♪

ありがとうございます。本当はね、明るく楽しく可愛いダビデを見ていただきたかったんですけど
ダビデの希望もあるのか、こっちの方向になってしまいました。
辛い内容で、また思い出させてしまいます。ごめんなさい。
でも、ぜひ手に取って見ていただけたら嬉しいです。
最後の一行、ダビデは天国で「うっしっし」と笑ってると思います。ありがとうございます。

投稿: ダビダビ | 2008年11月 5日 (水) 03時15分

おはようございますm(__)m

こたつの季節ですね~(´Д`)
姫のための入り口をつくらないとね~。
私たちは寒いんですけど( ̄― ̄)

うちの姫は、家の前の空き地に捨てられていたんです。
草むらの中から一生懸命鳴いていました。
草むらからようやく出てきても、最初はなかなか近づいてこなかったのですが、「よかったら、うちにくる?」と聞いて家の中に私たちが入ったら着いてきてくれたので、「よし!君は今日からうちの子だ( ̄▽ ̄)」となりました。

投稿: みやママ | 2008年11月 5日 (水) 07時43分

●みやママさん
こんばんは♪
朝早いんですね〜。ウチは思いっきり夜型なんですよ(笑)
寒くなりました。こたつの季節ですねぇ。
去年、ダビデのためにこたつを購入して
(一度ぐらいはこたつを経験させてあげようと)
ほとんど使わずにいましたが
今年は2ニャンが初体験です。占領されそうですね!

みやちゃん、ご自身で拾われたんですね。
偶然の出会いですよね。
みやちゃんの導いた運命だったのかも♪
待ってたんですよ〜きっとみやママさんを。
猫って不思議なチカラを持ってる気がします。
みやちゃん、幸せになれてよかった。

投稿: ダビダビ | 2008年11月 6日 (木) 00時44分

こんにちは~( ̄▽ ̄)

早起きなのは、癖ですね。
朝だけはちゃんと早起きしますよ( ̄▽ ̄)
夜は夜更かししますが。

ん~…姫よりも、私たち家族の方が幸せをたくさんもらってるかも。
よくうちを選んでくれたな、と思いますよ。

投稿: みやママ | 2008年11月 6日 (木) 14時25分

●みやママさん
そうですよね。
私も思います。ウチの子になってくれてありがとうって。
幸せ運ぶコウノトリならぬ、ニャンコ♪すごいですよね。

投稿: ダビダビ | 2008年11月 6日 (木) 23時22分

ダビダビさん、こんにちは。
近くの書店に10/06に予約注文しました。
本日入荷の連絡があり、夕方に入手して、
今、完読しました。
これは、地方の弱みですか・・・、
私は、全国で一番最初に拝読するつもりでした。
遅くなってごめんなさい。
読み進めるほどに、
あのリアルタイムで体験した「ダビゴザ」のこと、
(「ダビゴザ」になる前からでしたね・・・。)
脳裏に鮮明に、思い出しました。
ダビデ君は、本当に素敵でした。
どんどんと、ダビちゃんのことが思い出されます。
すべての画像、そして文章が、過去のあのシーンです。
ダビダビさん、素敵な本を著しましたね。
もう、ここで、ティッシュの半分ぐらい泣きました。
ダビ君の、ミッキーマウスの被り物の画像もあり、
私、「mickeyの干支です」ってコメントもしましたね。
私のこの記憶もしっかり載せて頂き、とても感謝です。
パソコンのディスプレイの文字が、ウルウルにじんで、
よく見えないのですが、もう少し書きます・・・。
うちのチョコまる子とは、
デブ猫仲間(笑)と、イタリア由来の名前とでも、
仲良くして頂きましたね。
「余命4ヶ月のダビデ」の最後の数行のことは、
私の想いと重なってしまいした。
もう、私、ここで大いに泣きました・・・。
残りのティッシュも一気にです。
私も将来、じきに、ダビちゃんと再会するでしょう。
そこでは、
いつか「ダビゴザ.2」が拝見できるのかも・・ね。
涙と悲しみは、感動と感謝、私は、そう思います。
最後に、
初版発行日、2008/11/01は、私のバースディでした。
ダビデくん、ダビ君、ダビちゃん・・・、
最高のプレゼントでしたよ~!。
ダビダビさん、本当にありがとう。

投稿: mickey | 2008年11月 7日 (金) 01時45分

●mickeyさん
一番最初に予約していただいたのに、やっと届いたのですね。
さっそく読んでいただけて、しかもこうして感想まで書いていただいて嬉しいです。
そうですね、mickeyさんにはずっとダビデの元気な頃から見ていただいていて
いつも欠かさずコメントいただいて、思い入れもあるでしょう。
元気な頃のダビデも思い出してしまったと思います。
たくさん泣いてくださって、ダビデも天国で喜んでるだろうなぁ。
思い出してもらえて、覚えていてもらえて。
ダビデがいなくなったこと、悲しんでもらえて。
こちらこそ、ありがとうございます。ですよ。
いつもいつもあたたかい言葉を掛けていただいて
たくさん励まされて、だからこの本が生まれたのだと思います。
mickeyさんの誕生日に刊行でしたか!偶然ですね。
どうか、たまにはダビデのこと思い出してください。
そしてチョコちゃんをギューッとしてたくさん可愛がってくださいね。
ダビデの分も長生きして欲しいです。
本当に読んでくださってありがとうございます。光栄です。

投稿: ダビダビ | 2008年11月 8日 (土) 01時43分

こちらにしかアクセス出来ないので、引き続きこちらにお邪魔しますm(__)m

うちは、姫で2匹目です。
姫の前は犬でしたが、その前に1匹♂の黒猫を飼っていました。
引っ越しのときにちょっと家をあけたすきに近所の誰かが「置いていった」と勘違いして逃したようで黒猫との付き合いは短く、こんなに長く猫と付き合うのは初めてです。
紹介が遅れましたが、ちなみに姫は三毛猫です。
外に出たことがないので、本当に姫のように美しい毛並です( ̄▽ ̄)

投稿: みやママ | 2008年11月 8日 (土) 08時18分

こんにちは。

早速の返信、そしてこちらへもご訪問いただきありがとうございました!
そんなダビダビさんに、いつもすごいなあと感じていました。
コメント欄も、また、ブログの一部。ダビダビさんのダビデへの愛情がここにも感じられるなあ、と密かに感動していたものです。

本、さっそく買いました!
まず、見つけてなみだ目、オビを見てうるうるじゅるり・・・。
家に帰ってじょばじょばです。
やっぱり辛い・・・でも、いい本です。ありがとう、ダビダビさん!

ご主人、金沢の出身なんですね!私も生まれは金沢です!

投稿: きみどり | 2008年11月 8日 (土) 23時09分

●みやママさん
こんばんは。
黒猫ちゃんとのお別れは残念でしたね。
そういう別れがあったからこそ、今度のみや姫ちゃんのこと
たくさん大切に出来るのかもしれないですね〜。
姫ちゃん、美しい毛並みで幸せなんだろうなって想像できます。
ダビデの分もいっぱい長生きさせてあげてくださいね!

投稿: ダビダビ | 2008年11月 9日 (日) 23時55分

●きみどりさん
あらあら、褒めすぎですよ〜、きみどりさん!
でもありがたく頂戴しておきます(笑)
保護猫さん保護して、里親探しをしているきみどりさんこそすごいなぁと思っていますよ。
なかなかできないですもん。
大きな広い愛情を持ってらっしゃるんだろうなぁ♪

本、読んでいただけて嬉しいです。
また悲しい思いをしてしまったでしょう。ごめんなさいね〜
でも読んでもらえて光栄です。ありがとうございます。

おぉ、金沢生まれですか。偶然ですね〜。
たまに行きますが、いい町です。

投稿: ダビダビ | 2008年11月 9日 (日) 23時59分

またまたお邪魔しま~す。

うちの中学生の息子、本を読んで、マジ号泣!

はなはだ、僭越ながら、拙ブログで、本のご紹介をさせていただきました・・・。時後報告ですみません。どうしてもご紹介させていただきたくて。

そうそう!らいちゃんの里親さんも金沢出身なんですよ~!!

投稿: きみどり | 2008年11月11日 (火) 22時29分

●きみどりさん
わーお、きみどりさんって中学生のお子さんのママだったの?
若いなぁ♪
息子ちゃん、泣いてくださったのですね〜。すごく嬉しいな。
本当は子どもたちにも読んでもらいたかったのです。
いのちの大切さとか、猫を飼う責任感とか感じて欲しい。
息子ちゃん、きっと優しいいい男になりますね!!うん。

本の紹介してくださったとは、ありがたいです。嬉しいです。光栄です。
ありがとう。
ダビデも喜びます。ほんとにありがとう。

らいちゃんの里親さんが金沢出身とは!ちょっとずつつながってますねぇ♪
らいちゃん、幸せになってよかったです、ほんとに。

投稿: ダビダビ | 2008年11月12日 (水) 14時17分

ダビダビさん、こんにちは。
私のブログにコメントありがとうございます。
あれから、私の娘(中学3年)も読みました。
もう、号泣し続けたみたいです。
娘もダビデ君の大ファンでしたから・・・。
こちら地元の書店の店頭にも、並びました。
私、そっと位置をかえて、視線が集まるように、
してきました(汗;)。

投稿: mickey | 2008年11月13日 (木) 01時26分

●mickeyさん
こんばんは。
お嬢さんも読んでくださったなんて、嬉しいです。
きっと優しいいい娘さんになりますね!
悲しい思いをさせてしまってごめんね〜と伝えておいてくださいね(*^.^*)

書店で見かけたのですね〜嬉しいなぁ。
わはは、位置を変えて目立つようにしてくださったとは!!
ありがとうございます。
めちゃくちゃ嬉しいですよん。mickeyさん怒られないようにね(笑)

投稿: ダビダビ | 2008年11月13日 (木) 03時48分

ダビダビさん、こんにちは。
お返事、ありがとうございます。
今日は、私のブログで、
「余命4ヶ月のダビデ」紹介しました。
私、精一杯の文章と画像です。
ご覧くださいね。

投稿: mickey | 2008年11月14日 (金) 01時09分

●mickeyさん
いま拝見してきました!
ありがとうございます。とっても感激しています。
あんなに褒めてくださって、嬉しいです。
すごくいい本に思えちゃいますねっ(笑)
ほんとにありがとうございます。

投稿: ダビダビ | 2008年11月15日 (土) 02時18分

こんばんはm(__)m

今日、やっとイキツケの本屋さんに『ダビデ』ちゃんが来ました(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)

それだけですm(__)m

投稿: みやママ | 2009年1月18日 (日) 23時53分

●みやママさん
こんばんは!
おぉぉ、素晴らしいです。
その本屋さんでのデビューは遅れましたが
猫好きさんが手に取ってくれると嬉しいです。
みやママさん、ご報告ありがとです〜\(^o^)/

投稿: ダビダビ | 2009年1月19日 (月) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダビゴザ→ゴホカツへ | トップページ | ありがとーと言わせてね。 »